免疫力を高める効果 免疫年齢の若返り効果

「免疫」とは、カラダの外から侵入する病原菌やウイルス、異物などからカラダを守る仕組みのこと。そのチカラを高めることで病気にかかりにくく、治りやすい健康で丈夫なカラダを保つことができると考えられています。初乳には、目には見えないそんな「免疫」のチカラを高める効果があることがわかってきています。

このような研究結果が出ています!

自分の免疫年齢が若返る!!~ウシの初乳~

そもそも免疫というのは、何種類もの免疫担当細胞が絶えず連携をすることで、体内にできるガン細胞などの異物や体外からのウイルスなどの異物を排除してカラダを守るシステム。

免疫細胞の精鋭部隊ネットワーク(イメージ図)

このように複雑な免疫のシステムの中で、体の防御反応を担当する”T細胞”という主要なリンパ球の細胞の個数とその増殖力が、”免疫の強さ”との関連性が高いとされ、そのT細胞の状態から「免疫年齢」を算出することで個人の免疫の状態をわかりやすく把握することが注目されています。
その「免疫年齢」に関して、ウシの初乳の下記のような研究成果をご紹介します。

"T細胞"ってなに?

細菌やウイルスなどの病原体と出会うと分裂しながら数を増やすことで自らも病原体などを攻撃する細胞を担当し、またサイトカインと呼ばれるタンパクを産生するなどの司令塔的な細胞として生体防御の調整にも関わります。

3ヶ月のウシ初乳の摂取で「免疫年齢」が約2歳下がる

24名の中高齢者(60~79歳)にご協力いただき、ウシ初乳の摂取による免疫機能への効果を検証しました。
ご協力いただいた方は
①初乳のサプリメントを3ヶ月間食べ続けていただくグループと
②初乳のサプリメントを食べずに過ごしていただくグループ
の2つのグループに分け、血液から各種の免疫細胞の状態と免疫年齢を調査しました。

免疫年齢は、T細胞の個数とその増殖能力から計算された「T細胞増殖係数」が年齢と深い関係があることから導き出される年齢です。
初乳のサプリメントを3ヶ月だけ摂取いただいたグループでは、免疫年齢が約2歳下がったことが確認されました。 言い換えれば、「免疫力(免疫機能)に約2歳の若返り」をもたらしたと考えられます。

免疫年齢の変化

高齢者になるほど免疫力は低下するといわれます。したがって、高齢者になるほど1歳の違いがガンや感染症などの疾患へのリスクに大きく影響するだけに免疫年齢を少しでも若く保つことは健康状態や長寿においても重要な鍵となってきます。

ページの先頭へ