免疫力について 免疫力ってなに?

免疫力は「健康力」の基本

免疫とは、私たち人間や動物が持っている、カラダを健康に保つための機能です。私たちは毎日無数の病原体に接触していますが、それでも健康ですごせるのはこの免疫のシステムのおかげ。細菌やウイルスなどのカラダへの侵入を防ぐのも、カラダの中にできたガン細胞を排除するのも、この免疫システムのおかげなのです。

免疫力はカラダを守る基本。だから、普段から免疫を高めておくことが大切です。そのためには何よりも、規則的な生活、十分な睡眠、適度な運動習慣、栄養バランスのよい食事など、基本的な生活習慣の充実が大切。自分の中の免疫力を高めて健康的に暮らす。基本的で、とても重要なことなのです。

年齢と免疫力 病気(感染症、ガン、免疫疾患など) 免疫力

免疫力の低下は20歳頃から始まる加齢現象のひとつとも言われています。思春期の頃にピークを迎え、40代頃ではピークの半分程度に、70代頃には10分の1程度になるとも言われています。また、生活習慣の乱れや、排気ガス、化学物質の増加など社会環境の変化によって生体リズムが狂ってしまい、免疫力はさらに低下してきているとも言われています。
免疫力はカラダを守る基本。いつも、いつまでも元気でいるために、「免疫力を保つ」。それはとても重要なことのひとつだと考えられます。

より詳しい研究報告はこちら

ページの先頭へ